◇座談会

●テーマ:東京を支えてきた街〝山谷〟を知ってますか?

にぎやかな音楽演奏の間に、ちょっぴり気を引き締めて座談会で議論を交わし合うのが本イベントの特徴です。

 

発起人の寺尾紗穂さんとお馴染みのパネラーの皆さん、さらにゲストの方々をお呼びして、今年は「山谷の歴史に学ぶ(仮)」というテーマについて、みんなで考える座談会にしたいと思います。どうぞお楽しみに。



◇メンバー

●寺尾紗穂/シンガーソングライター、エッセイスト

1981年11月7日東京生まれ。2007年ピアノ弾き語りによるアルバム「御身」が各方面で話題になり,坂本龍一や大貫妙子らから賛辞が寄せられる。

 

大林宣彦監督作品「転校生 さよならあなた」(2007)、安藤桃子監督作品「0.5ミリ」(安藤サクラ主演・2014)、中村真夕監督作品「ナオトひとりっきり」(2015)に主題歌を提供しているほかCMやナレーション、エッセイやルポなどの分野でも活躍。 

 

著書に『評伝 川島芳子』(文春新書)、『原発労働者』(講談社現代新書)、戦前のサイパンに暮らした人々に取材した『南洋と私』(リトルモア)、『あのころのパラオをさがして』(集英社)がある。平凡社ウェブ、本の雑誌ウェブ、花椿、高知新聞、北海道新聞、婦人之友などで連載を持ち、昨年『すばる』に発表したエッセイは日本文藝家協会編『ベスト・エッセイ2017』(選考委員に林真理子、角田光代、三浦しおん、藤沢周、町田康)に選出、収録された。

 

●吉水岳彦/ひとさじの会事務局長、大正大学・淑徳大学非常勤講師、浄土宗光照院住職

1978年東京生まれ。大正大学仏教学部浄土学コース卒業。同大学 大学院仏教学研究科 仏教学専攻浄土学 博士後期課程単位取得修了、博士(仏教学)。著書に『霊芝元照の研究―宋代律僧の浄土教』『お袖をつかんで』がある。

 

現在は光照院にて副住職および淑徳大学非常勤講師の肩書きを持つ。大学時代から子どもに関わる仕事を志し、全 国仏教青年協議会の講座や研究会に参加していたが、ホームレス状況にある人や身寄りのない人の共同墓『結の墓』プロジェクトへの関わりから、ホームレス支 援を行うことに。現在は、浅草エリアの路上生活者に月2回おにぎりを配る活動などをする「ひとさじの会」事務局長として活躍中。2019年より、光照院住職となる。

 

●稲葉剛/一般社団法人つくろい東京ファンド代表理事、立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科特任准教授

1969年広島県生まれ。94年より、新宿において路上生活者支援の活動に取り組む。2001年、自立生活サポートセンター・もやいを設立し、幅広い生活困窮者への相談・支援活動を展開。2014年まで理事長を務める。2014年、つくろい東京ファンドを設立し、空き家を活用した低所得者向け住宅支援事業に取り組んでいる。

 

住まいの貧困に取り組むネットワーク世話人。生活保護問題対策全国会議幹事。

 

著書に『ハウジングファースト』(共編著、山吹書店)、『貧困の現場から社会を変える』(堀之内出版)、『生活保護から考える』(岩波新書)など。

 

【HP】http://inabatsuyoshi.net/profile

 

●佐野未来/有限会社ビッグイシュー日本 東京事務所マネージャー

ウエスタンミシガン大学英語学部卒業。卒業後帰国し、翻訳や英語講師として働く。

 

2003年5月に水越洋子(現編集長・共同代表)と佐野章二(現共同代表)とともにホームレスの人たちの仕事をつくり自立を応援する出版社「有限会社ビッグイシュー日本」を設立。

 

2007年12月まで副編集長。その後現職。

 

●油井和徳/認定NPO法人山友会副代表

1984年生まれ。2007年より、東京都の通称「山谷地域」において、ホームレス状態など社会的に孤立し生活困窮状態にある人々が、無料診療や生活相談などの支援活動を通して、つながりとコミュニティをつくる取り組みを行うNPO法人山友会に勤務。

 

そのほか、山谷地域を中心に、路上生活者・生活保護受給者など生活が困難な状況にある人々に対し、居住支援・生活支援と社会サービスの事業者が連携し、安定した住居と生活、及びより善い医療・保健・福祉サービスを提供するネットワークの形成を目的とする”「山谷」地域ケア連携をすすめる会”事務局を務める。

 

●ビッグイシュー販売者さん【ゲスト】